インタビュー紹介

【有限会社松治郎の舗】水谷 悠香

小売業2015年01月20日

メイン

結婚後10年間の子育てを経て、夫の家業である養蜂や蜂蜜販売の仕事を始めました。蜂蜜レシピを紹介したブログはメディアにも取り上げられ、「蜂蜜力」として書籍化されました。松阪店に続き、伊勢店もオープンさせ、現在は経営に力を注いでいます。仕事を始めた頃の苦労や乗り越えた原動力、女性としての働き方についてお聞きしました。


 

 

夢は口に出していくと協力してくれる人も出てくるし

自分のモチベーションを上げていくことに繋がる

 

—— 今までの経歴について教えてください

大阪に住んでいましたが、結婚を機に三重県に来ました。子どもが産まれてからの10年間は専業主婦をして、3人の子どもを育てていたので仕事はしていませんでした。一番下の子が保育園へ入ったことをきっかけに、主人の実家が養蜂や蜂蜜の販売の商売をしていたので、この仕事を始めることになりました。最初は松阪店の店舗スタッフとして仕事を始めました。

 

—— 今はどういった業務をしているんですか

今までは実践で現場に出ていましたが、今はスタッフに店を任せ、マネジメントとして店舗展開していくための仕組みをつくっていく仕事をしています。昨年までは伊勢店を立ち上げてまだ2年目という段階でしたので、事業を落ち着かせるための期間と位置付けて取り組んでいました。

 

—— 有限会社松次郎の舗の専務取締役という役職だけでなく、蜂蜜ライフアドバイザーや蜂蜜料理研究家としての肩書もありますがどういった活動なのでしょうか

仕事を始めた時に、身内の仕事だったので、スタッフのように仕事についてしっかり教えてもらうことがありませんでした。専業主婦の頃にパソコンが普及し、社会に出た時には仕事の在り方がガラっと変わっていました。自分で仕事を覚えていくしかないと思い、まず考えたのがパソコン教室で基本的なことを学ぶことでした。例えば、店のポップを作成するにしてもあまりにも時間がかかりすぎていました。そして、お客さんと会話をしていく中で自分は何をしていかないといけないのか、社会人としてどうあるべきかということを学んでいきました。

 

思考錯誤をしながら自分なりに思いついたことが、蜂蜜を使った料理のレシピや活用方法をブログで紹介してみようということでした。蜂蜜の使い道をみんなに伝える役割を果たしたらいいんじゃないかということが狙いでした。自分なりにレシピを考えてupして、というのを地道に続け、知り合いのお店で講座を開かせてもらったりしました。すると、それを見てくれている人が少しずつ増えていき、メディアや講座のオファーが届くようになりました。メディアに出たこともあり、それが段々と定着していき、自分なりに役割は果たせたという実感もあります。今は、次のステップとして店の経営をしていくことに力を注いでいます。

 

—— そのブログから「蜂蜜力」という本も出版されたんですよね

ブログが話題になってテレビで取り上げられた際に、それを見ていた主婦と生活社の編集者の方に声をかけてもらいました。そして、監修として本を出版することができました。実は、その何年か前に「蜂蜜の本を出したい」ということを口に出して言っていたんです。そうすると運よく実現することができました。本の出版に限らず、やりたいことは口に出して言っていくことが大切だと実感しました。夢は口に出していくと協力してくれる人も出てくるし、自分のモチベーションを上げていくことに繋がると思っています。

 

—— 子どもが保育園に通い始めたとはいえ、仕事との両立は大変だったんじゃないでしょうか

家族のことは私じゃないとできないこともあるので、基本的には家族のことを一番に考えています。その中でやりくりしようと考えながらやってきました。今は子どもも大きくなってきたので、自由にできる部分も増えましたが、最初は子どものことを中心にしながら仕事をしていました。

 

—— 専業主婦だった頃からどんどん環境が変わっていきますね

専業主婦を10年やっていて気づいたことは、子育ても大変だったけれど、貴重な時間だったということです。自由のない時間でしたが、良い体験だったと思います。それがスタッフの教育にも繋がっていると感じています。今になって思うことは、子育てをしなければいけない期間をつくるのも良い選択のひとつなのではないかということです。それぞれの家庭の都合もありますが、子育てに専念して楽しむという選択肢もあるということです。環境に入りこむと周りが見えなくなることがあるし、専業主婦をしていると社会から取り残された感じがして焦りも感じると思います。女性の働く時代だと言われますが、あの10年は決して無駄ではなかったし、勉強になることがたくさんありました。

 

小学校に入ると友達との集団生活も始まっていくので、お母さんじゃないとダメだという期間は終わっていきます。それまでの時間というのはたった7年しかありません。人生のうちの7年くらい子どもとずっと一緒にいる時間をつくってもいい、焦る必要はないと伝えたいですね。趣味や次にやりたいと思っていることを、少しずつ土台としてつくっていくことをやっていけば環境も整っていくと思います。仕事は体が動ける限りできるし、取り戻すことはできます。でも子どもの成長の一瞬は取り戻せないので、勿体ないと思う部分もありますし、焦らずに子育てをしてほしいですね。

 

 

サブ

 

全国展開をしていき、同時にミツバチの環境づくり
から蜂蜜を普及させていきたい

 

—— 現場での仕事からマネジメントに移ってからの苦労はありましたか

「人」に関することはとても苦労しました。身内として会社に入ったこともあって、店を今まで支えてきてくれた人もいますし、どうやって接していけばいいのかわからなかった時期がありました。マネジメントの仕事を始めた最初の1年は仕事上の人間関係で本当に落ち込みました。信じられないようなことも起こって、誰を信じたら良いのか分からなくなることもありました。良かれと思ってやったことが裏目に出るなんてこともありますし、自分自身の若気の至りもありました。でもその経験があったからこそスタッフをまとめていくための勉強になりました。若いうちに雇う側と雇われる側の両方を学べたのは良かったです。でも、これは永遠の課題ですね。

 

—— スタッフの教育で心がけていることを教えてください

いかに同じ目標にみんなで向かっていくための環境づくりができるかということですね。経営者として目を配り、声をかけすぎてもいけない、ほったらかしすぎてもいけないので、バランスを考えながら教育しています。考えている価値観、ビジョンが伝わっているようで伝わっていないことが多いので、日々意識づけるようにしています。そして失敗に対して怒るのではなく、原因と失敗を回避するための方法を考えさせるようにしています。失敗で責任を負わせるようなことはしないと伝えています。

 

—— 働き始めてから気づいたことはありますか

自分は働くことが好きなんだと気づきました。負けず嫌いなので、やるからには負けたくない、それが良い面でも悪い面でもあります。落ち込むときもありますが、今はとても楽しいです。アクシデントがあっても次に繋がるためのアクシデントだからと捉えて、先を見据えるようにしています。その現実を回避していく方法を考えるしかないですよね。この仕事は直接反応が感じられるので、日々課題が出てきます。どうしたら喜んでもらえるのか考えていくのは楽しいです。経験のある年上の人から積極的に話を聞き、自分なりに引き出しをたくさんつくっておいて、その都度引き出しから出していくということを意識しています。

 

—— 初めての人に蜂蜜について伝えるとしたらどういった魅力がありますか

パンにかける、ヨーグルトにかけるという食べ方はみんな知っていますが、意外と皆さん蜂蜜の色んな使い方を知らないんです。美容にも効果的だということを分かってもらえると、もっと蜂蜜も認知が広がっていくと思っています。例えば、洗顔石鹸に蜂蜜を垂らして洗顔をすると、蜂蜜は保湿効果がとてもあるので、顔を洗っても余分な水分が逃げず、肌が保護されます。シャンプーに混ぜたり、お風呂へ入浴剤代わりに湯船に垂らしても保湿効果があります。料理の隠し味としても砂糖と同じ感覚で蜂蜜を使ってもらったら大丈夫です。カロリーも1/3に抑えられるので、ヘルシーに味わえます。殺菌効果もあるので、お肉の下処理に使うと腐敗しづらくなります。

 

—— これからはどういった展開をされていく予定ですか

全国展開をしていき、同時にミツバチの環境づくりから蜂蜜を普及させていきたいと思っています。蜜源を増やさないと蜂蜜も取れません。蜜源をつくっていくと買い求めやすくなるので良いサイクルをつくっていくことができます。一昨年の夏から始めた事業で、明和町にミツバチが蜜を取りやすいハーブを選んで植えました。ミツバチは薬がダメなので、無農薬で育てるのは大変な作業です。全国でも珍しいことなんですが、去年の夏にその蜂蜜ができ、少しずつ販売を始めています。まだ普及できるほどは取れていないんですが、ミツバチの環境づくりへ良い一歩になりました。それも段階を踏んでいかないといけないので、これから夢を実現させていきたいです。今年はどんどん攻めていきたいと思います。

 

松次郎の舗
〒515-0083

三重県松阪市中町1873
TEL.0598-26-8133
営業時間/9:30~18:30
定休日/無休

<伊勢店>
〒516-0025
伊勢市宇治中之切町7
TEL.0596-27-8328
営業時間/10:00~17:00
定休日/無休

 

 

ページトップへ