インタビュー紹介

【カイロプラクティック心】岡 真靖

療術業2015年05月03日

メイン

28歳の頃に、今まで働いていた製造業から一転し、カイロプラクティックの道を目指したという岡さんにお話を聞きました。2年の勉強と4年の修行期間を経て、地元で開業をしました。飽和状態で競争が激しいという業界の中で、岡さんがこだわっていることや日々勉強していることを話してもらいました。


 

人によって何に感動するかは違う
そのポイントがうまく合うと続けてもらえる

 

—— 最初に岡さんの経歴を教えてください

元々は製造業の仕事をしていました。以前からスポーツに興味があったので、スポーツに関係した仕事に就きたいという思いがありました。その頃に、カイロプラクティック(以下カイロ)をしている人がスポーツトレーナーをしている記事を見つけました。僕自身も学生の頃に怪我が多くて、悩むことが多かったんです。そんなキッカケがあって名古屋にあるカイロプラクティックの学校に2年間通い始めました。

学校では実技や医学的な解剖学、生理学、病理学、栄養学を学んでいました。就職先の案内が学校にあったので、そこからスポーツ関係の治療院を探したらたまたま横浜にあり、そこに応募したら働かせてもらえることになりました。学校を卒業してからは、横浜で4年弱ほど修行を積んでいました。横浜で働いた後に伊勢に帰ってきて、今は5年目です。1年目は出張施術メインでやっていましたが、2年目からここで治療院として構えるようになりました。

 

—— カイロプラクティックの学校は結構あるんですか?

専門で学ぶとなると、名古屋や大阪まで出ないとないんじゃないでしょうか。今は数が大分少なくなっています。生徒や治療院も飽和状態でどんどん減っています。昔は競争も少なかったと思うんですが、今は治療院の数が増えてしまいました。技術だけでなく、コンサルをつけて呼びこんでいる人もいるので、諦めざるを得ない人も出てくるのでしょう。自分で勉強できる人なら卒業後に独立できると思うのですが、基本的には、まず修行としてどこかに所属することが多いですね。経験なく施術してしまうと、お客様に迷惑をかけてしまったり、トラブルになったりします。

 

—— 横浜で働いていたということですが、地元に帰ってくるのは決めていましたか?

地元で開業するつもりで、初めからそのように伝えてありました。もう少し長く横浜でやろうかとも思っていたのですが、3年経って周りからも声がかかったりしたので、一人でやってみようと思いました。お客様は0からつくっていくことになるのですが、決めていたことなので勢いで戻ってきました。田舎は出張施術が通用するかと思ったのですが、そこは最初うまくいかなくて誤算でした。

 

—— 0からだと大変ですよね。最初はどのようにお客様を増やしていったんですか?

最初は主にWEBサイトで宣伝をしていました。チラシも出しましたが、内容が出張施術だったので少しだけですね。でもSEOをしっかりしてくれるところだったので、それは助かりました。こちらでアパートを探している時に、不動産会社の方におすすめの業者を教えてもらって、そこを紹介してもらったんです。ここに治療院を構えてからは、コンスタントにお客様が増えていきました。

 

—— そうなんですね。他にオープンしてからの変化はありますか?

技術だけで人は来ないと感じるようになりました。技術を提供するのは当たり前のことなので、その付加価値をつけていくというのは今も考えています。人によって何に感動するかは違うので、そのポイントがうまく合うと続けてもらえるのだと思います。喋り方など細かいところまで気にするようにしています。

 

—— 年齢層はどの層が多いですか?

30代~40代が一番多いですね。産後の人は、施術料を3,500円(一般は5,000円)にしているので、それもあるかもしれません。産後はお子さんを産むための生理現象で、関節を安定させる役割である靭帯が緩むため、関節が不安定になって、痛めやすくなったりします。また、身体の感覚が変わったりしますので、育児のストレスが重なるとなおさらです。ストレスはカイロの考えの中でも痛みの原因のひとつに入ってくるほど大きな要因なんです。ストレスを感じさせない施術を行うために、信頼してもらえるようにするというのも大切だということです。そのため、身なりや掃除、しっかり分かりやすく説明することを心がけ、安心感を持ってもらうことだけでも痛みが和らいだりしますので。

 

サブ

 

最適で最短な選択ができるようなシステムがつくりたい

 

—— スポーツをしていて怪我に悩んでいる人は多いのでしょうか

中学生くらいになると、部活で怪我をしたという人が多いです。小学生になると、膝が痛いといった成長痛が多いです。小学生の9割は成長痛で来ます。成長痛は筋肉のバランスを調整することで、良くなったりします。

 

—— 施術にこだわっていることはありますか?

リラクゼーション系は一切しません。小顔矯正やダイエットメニューを組んでいるところもありますが、それもしません。専門外になるので、知り合いのエステを紹介しますという感じです(笑)痛みや痺れで困っている人のためにカイロをしています。他で良くならなかったという人も来ますので、ここに来て良くなったと言われると嬉しいですね。

後は、ソフトで痛くない施術を心がけています。痛いと身体に力が入ってしまう人もいるので、施術がうまくいかなくなったりします。これくらいソフトでも良くなるのですねと言ってもらえることを目指しています。痛く揉まれることで満足される人もいますが、それだとちょっと方向性が変わってきてしまいます。

 

—— 一人でされていますが、日常で勉強することはあるのですか?

月に1~2回は勉強会に行っています。個人的に、技術面というよりも理論を教えてくれるところが好きなので、そういったセミナーに参加しています。今は神経生理学という勉強をしているのですが、僕たちが学校で勉強していた頃に教科書を書いていた人が一緒に勉強をしています。その姿を見ていると一生勉強しないといけないんだなと思います。

後は、コンサルの方でメルマガを配信している人がいるので、そこから情報に触れています。開業当初は成功した人の本やDVDを参考にしたりして、取り組むことが多かったです。カイロは初めにアートとして教えられます。綺麗な矯正は、傍から見ても矯正のフォームがとても綺麗です。

 

—— 同業で繋がりはあったりするんですか?

学校が一緒だと繋がりはありますが、三重県内の繋がりは正直少ないです。都会の方は数も多いので、勉強会などで交流会はあると思いますが、このあたりは四日市くらいまで行かないとないんじゃないかと思います。手探りでやっていく感じになるので、そういったコミュニティをつくっていけるといいですね。

 

—— 最後に、今後の目標を教えてください

カイロだけでなく、鍼灸の人や栄養士、医者、心理面からサポートできる人と連携をとって取り組んでいけると良いと思っています。最適で最短な選択ができるようなシステムがつくれると困っている人にとって便利です。施術をしていて、心理面や栄養からのサポートが必要だと感じる人がいます。人脈を上手に活用しながら、将来的にそのような複合的なサポートがしたいです。もうひとつは、部活でチームをサポートして、任せてもらえたりということも将来的に出来ると嬉しいですね。

 

 

カイロプラクティック心
0120-638-124(完全予約制)
三重県伊勢市小俣町本町1082
WEBサイト
受付時間:
日・月)9~12時/14~20時
火・水)13~16時/18~22時
金・土)8~11時/13~18時
木)定休日

 

ページトップへ